「ちょっと相談にのってください」と突然男性会員から連絡が入る
プロポーズをどうしたらいいかわからないからと


お~ いよいよ来た来たプロポーズ


さっそくお相手女性側相談所に諸々確認すると婚約指輪は一緒に買いに行って選びたい、プロポーズは海岸がいいというリクエスト


婚約指輪は予算5万円以内にしたいと男性会員が話していたので「そんなに高いの買えないです💦」と伝え、プロポーズも梅雨の時期に海岸とか土砂降りで強風の可能性が高くて失敗する確率が高いので海の見えるレストランで許容してもらう

ほっ

そそ、男女間の理想のプロポーズを演出するためいろいろ双方リサーチしたりネゴしたりするのも婚活カウンセラーの仕事


女性側へはプロポーズする旨とプロポーズに対して返事はOKということは事前に確認しているので、予定調和といえば予定調和

結婚相談所ではこのドクターXばりに「失敗しないので」という安全圏の中で行われる


指輪は後から買いにいくとなるとプロポーズ時に💍指輪の箱ぱっか~んで「結婚してください」の定番プロポーズはできないということになる


なんか夢もなんもな~いというかもしれないけれど、私もセンスの悪いものより自分の好きなアクセサリーを選びたいのでもはや結婚が確定ならば好きな指輪選びたい気持ちはよくわかる



そう それでもプロポーズはしてほしい

「結婚」という覚悟を決める一つの通過儀礼 


わかってるならいいやん!面倒くさい!という男性陣も多いかもだけれど、ここんとこちゃんとポーズでもプロポーズしとかんと「プロポーズちゃんとしてくれなかったよね」と奥さんに一生ねちねちと言い続けられることになる

今回東京湾クルーズ船のディナーを予約して花束をレストランに準備しておいてもらった


花束を渡しながら「結婚してください」とプロポーズ


彼女はプロポーズされるとはわかっていたもののクルーズ船のシチュエーションとまさかの花束に喜んでくれた模様

プロポーズ成功したら連絡してと男性会員にお願いしていたのになかなか連絡こないのでドキドキ


翌日心配で電話すると寝ぼけた感じで「はい、プロポーズしましたよ~」と一仕事終えた脱力感かのほほんとした回答(笑


「まだまだこれから両家のご挨拶とかいろいろあるよ~」と嬉しいハッパをかけたのでした💛

カテゴリー: How to 婚活

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。