今、日本でもっとも活気があるといわれている福岡。故郷でもありますので4月13-14日と行ってまいりました。

とにかくアジア圏の人だらけ。博多港に海外からの大型客船が常に観光客を連れてくるとのこと。いわゆるインバウンド客がお金を落としていって景気がいいそうです。

再開発もあらゆるところで進んでおり、あれっ、こんなに混んでる待ちだったかなあと思っちゃいました。東京と違うのは、土地が若干安いから空間使いがひろ~いことでしょうか。

土日にカフェに入ろうとしてもどこも混んでいるそう。私がいた15年ほど前は超有名店でなければそんなことはなかったのに。

東京土産を買っていっても結構福岡にも出店していて「あっ、知ってるよ」とちょっと目新しさは半減。

婚活相談中~

さて、婚活相談を女性ばかりから受けましたが皆さん一様に「適齢期男性がいないんです」

美女ばかりなのに。

この状況15年前とちっとも変っていない。

九州人は地元志向が強いので東大に行ける実力があるといわれても地元の九大に行く人も珍しくない。そうそう、東京の大学に行くという私は少数派。家族からも「九州に帰ってきて標準語とか使ったら許さん!」と九州人にあるまじきと裏切り者扱いでした(笑

ほぼそのまま九州で就職。ところが、東京本社の会社が多いので男性の場合東京に呼ばれて行ってしまう、、、

そういうわけで、やたらと適齢期の女性が残るというアンバランス現象が起こるわけです。

いわずとしれた日本三大美人の産地。美女ばかりで飲んでいる光景は珍しくないのです。

当然出会いが少ない。

そんな時こそIBJ日本結婚相談所連盟の約6万人のデータが大活躍。ITで全国の会員様データをつないでいます。

九州に住みたい人などでお相手探しをしてみることもできます。

カテゴリー: How to 婚活

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。